【 墨 】 - 書道用品/掛軸/額装 日本一 株式会社 書優会

記事一覧

【固形墨・簡易版】

【墨って何で出来ている】順番が思いっきり前後してしまいますが、墨の成分等の簡易版です(長過ぎる為)。固形墨は「煤(すす)」と「膠(にかわ)」で作ります。先ずは「煤」。この煤が色を出します。菜種なら茶系、胡麻なら紫紺系、松煙なら青系 (あくまで系で有、黒です)。この煤は、理解りやすく言えば粉みたいな物です。それを固形にする為に「膠」を使用します。「膠」とは動物の脂で、中皮の脂を使用しています。煤と膠を混ぜ合...

続きを読む

【揮毫と墨色の区分-2】

【前回の続編です】前回は漢字の臨書でしたので、今回は仮名です。仮名は漢字との比較ですが、「線が細くなる」・「文字が小さい」為、どうしても弱めに見えます。そこで、使用する墨が強く見える墨なら? と、なります。胡麻油煙です。 胡麻は紫紺系の黒で、「明るく」「強く」「鮮明に」発色してくれます。※純胡麻・以外は該当せず。弱い線も強く見えれば・明るくフワっと見えれば・鮮明に変化すれば作品は180度変わります。また...

続きを読む

【揮毫と墨色の区分】

【揮毫作品で墨色は変える】◇記事数が少ない墨の続編です◇書く物が変われば筆が変わる → 筆が変われば墨が変わる墨が変われば紙が変わる は、前回記載しました。先ずは最重要である「漢字・臨書」から。漢字でも臨書は「深み」が目を引き、重要です。歴史的な物と言う観点と、当時の時代背景で使用されていた。も、有る為です。ここで該当する物 =「純松煙墨」です。元々、松煙墨は、簡単に言うと「青系黒」です。深みを齎し、...

続きを読む

【墨の磨り方-2】

【カテゴリー・墨】《 固形墨・種別 》墨は大分類すると「3種類」となります。『 胡 麻 油 煙 (ごまゆえん) 』明るく・強く・鮮明に、弱い線まで強く出。紫紺系「黒」色で、「漢字随意」・「仮名」・「調和体」作品に最適な墨色。『 松 煙 墨 (しょうえんぼく) 』灰青系「黒」色で、深み倍増となり、「漢字臨書」・「漢字大字(一字書等含)」作品に最適な墨色。『 菜種油煙 (なたねゆえん) 』上記2種の中間に位置す...

続きを読む

【墨液・墨汁の差異】

【カテゴリー・墨】《 墨液・墨汁の差異 》元々、墨は磨る物。それが時間短縮の関係上で墨汁が出来、全国に拡散されました。固形墨を液体化する。 と言う発想ですから、当初は固形墨と同じ成分でした。※固形墨の主原料は「煤」+「膠」それが、製造が間に合わないと言う理由から、現在の化学合成糊に変更され、その為、筆が「凝固」する。と、なった経緯です。※簡易説明《 固形墨と同様である墨汁 》上記の理由から、市販墨液は使え...

続きを読む

【 墨の磨り方 】

◇墨の磨り方には定義が存在します◇「滲まない紙なのに、滲んでしまう」・「淡墨で書いた作品の滲んだ外側が黄色」「高いのに色が悪い」 等、これはよくある話です。 話を聞くと「水を入れて、磨ってみて、大体こんな感じ(これくらい)でいいか」と、言うのが、ほぼ100%の回答(全国の方々との会話からなる体験談)です。その為、上記のような現象に陥ってしまいます。墨磨の「ここまで(ゴール)」は、硯から墨を持ち上げた時に「糸」を...

続きを読む

プロフィール

株式会社 書優会・いわき本店

Author:株式会社 書優会・いわき本店
書道用品/掛軸/額装 卸・小売 専門企業

『 価格・品質、業界 圧倒的 No.1 』

株式会社 書優会の公式ブログです。

書道・書道用品の説明・疑問・質問等を掲載して行きます。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ