【 筆 】 - 書道用品/掛軸/額装 日本一 株式会社 書優会

記事一覧

【筆の原料区分】

【筆の構成、原料区分(簡易版)】御質問が多い+原毛記載から、その後放置(忘れてました。。)してしまっていた、原毛の区分です。 と、言っても、筆に限らず、書道用品の構成は以外と簡単です。先日の記事の「柔質毛」・「毫質毛」。理解りやすく言えば、足して2で割っているだけが結構多い。《 理解りやすい例 》 「 硬さ・墨持(含)が5 」の鼬毛が50%+「 硬さ・墨持(含)が2 」の羊毛が50%イコール【 硬さ・墨持・墨含 = 3.5 】...

続きを読む

【筆・毛質の特徴】

【筆の毛質・特徴編(簡易版)】◇筆のあれこれ◇で、若干記載した毛質を簡易版で記載します。【 墨持良好 → 柔毛 】【 墨持悪 → 毫毛 】1 細微頂光鋒・胎毛2 細微光鋒・リス3 細光鋒・玉(猫)4 粗光鋒5 羊尾・紫(兎)6 鼬・狸・白狼毛(オロンピー)7 コリンスキー(ロシア鼬)8 天尾(馬)・白天尾(白馬)9 赤天尾(赤馬)10 ムジナ11 山馬(さんば)◇上が柔筆、下に行けば毫筆の意◇まだまだ有りますが、最近は原毛が少なく、使用...

続きを読む

【筆のあれこれ】

【筆の質問・短編集です】質問の多い件で、説明が一行程度で終わるものを簡潔に◇ 筆の寿命 ◇毛先が丸くなり、尖りが無くなれば寿命です(先端が丸くなる)。※市販品の墨液を使用し、根元が凝固した物はその時点で終わりです。◇筆の墨がもたない◇揮毫する時に、筆は全面を使用します。 360度使うと、全ての墨の付いている箇所を使用して書けるので、墨が持ちます。◇毛の墨持◇100%ではありませんが、基本的に柔質の毛は墨持が良。逆に...

続きを読む

【筆の区分-2 大筆・中筆の続編】

【筆の区分-2 続編・簡易補足版です】前回の補足版です。《根元に弾力有の毛》高い比率で、筆の根元には硬い・短い毛が入っています(純羊毛等は除)。全て下して、80%程度使用をしないと、この部分の恩恵が得られない訳です。何故こう言う設定の筆が結構多くあるかと言うと、弾力使用で「グンッ」と言う線質が引ける。や、そもそも腰が弱いので、の補強。等、いくつかあります。 その箇所を使用しないと非常に勿体ない。となります...

続きを読む

【筆・続編】

【順番が前後しますが、規格です】《筆の号数》たまに号数で質問・注文があります。が、この号数は筆職人で違う事があります。一号(特大) → 九号(小筆) が比率的には多い。しかし、逆もあります。九号が大、一号が小筆の小規格と言うパターンです。一般的に一号は大きい・九号は小さいと思って会話をしていると、その電話の相手の方は「逆」だと思っていたら大変です。その為、売買だけではありませんが、会話だけでのやりとり...

続きを読む

【筆の話(続編・簡易版)】

久しく筆に触れていない為、筆の話の続編です。最近、羊毛を使う人が少ない。 と、職人が嘆いています。羊毛は筆を立てて書いたら難しい。筆を立てて書くと言う事は → 最後に寝て来る → 毛が曲がる次に行けない → 書きづらい の構図です(簡易版)。何度か書いた記事と被りますが、法帖を見ると、「何の毛で」・「角度は何度で」・「どこが直・側」かが大凡把握出来ます。簡単に言えば、細い線は直、太い線は側となり、この交...

続きを読む

【筆の話・続編】

【カテゴリー・筆】《筆の割れ》※これも質問が多い件なので掲載します。筆が割れる・段々割れて来た・纏らない(纏りづらい) です。↓ は、よくある例の記載です。【1】 市販品の墨液を使用している。【2】 大事に扱い過ぎ、根元まで洗っていない。【3】 寿命である。【4】 筆法を使用せず、一辺だけで揮毫。【5】 単純に不良品だった。等です。今までの事例上、99.9%がいずれかに該当しています。【市販墨液で割れる】先日、墨...

続きを読む

【筆の話-2】

【 カテゴリー・筆 】筆のサイズ選びの次となりますが、何を揮毫するか!? です(紙・墨等々共通)。漢字なら、楷書・行書・草書・隷書・篆書、そして仮名・細字(小筆限定)・調和体の何か!?漢字・臨書で言えば、楷書を書く。と、一言で言っても、「九成宮」と「六朝・北魏系」では正反対となります。鋭利な線を引く為に、弾力がありながらも、しなやかさ兼備の「隋・唐代」楷書と、強目で中短の「北魏(例)」で、同じ筆での揮毫は不可...

続きを読む

【正しい筆の選別】

【筆の正しい選び方-1】よくある質問ですが、筆はどうやって選別するか!?簡単な所では、半紙5文字用・半切(条幅)14文字用 等で規格を決めます。次に「何を書くか」です。わかりやすい所では、「楷書」・「行書」・「草書」・「隷書」・「篆書」を書く等です。※本来、楷書でも「北魏系」と「隋・唐代」の楷書では「別物」です。 時代が違い、骨格が違う為臨書を1つ1つ揮毫する時に、1つ1つ筆を変えるのが理想ですが、中々そこまで...

続きを読む

プロフィール

株式会社 書優会・いわき本店

Author:株式会社 書優会・いわき本店
書道用品/掛軸/額装 卸・小売 専門企業

『 価格・品質、業界 圧倒的 No.1 』

株式会社 書優会の公式ブログです。

書道・書道用品の説明・疑問・質問等を掲載して行きます。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ