【書 道】 - 【 書 No.1 グランプリ 】公式・ブログ

記事一覧

【 線 質 】

【 カテゴリー : 書 道 】《 線 質 》※旧記事・改定版書に於いて、線質は最重要と言っても過言ではない物です。※点・線と言う物は全ての事象に於いても重要の為、書だからと言う訳では無線質は、単に勢い良く引く・書くと言う意味ではなく、遅速軽重を熟慮しながら、そして角度の変化を加算して引く事に本質、意味があります。『 勢線と勢のみの差異 』線を引くと言う事前の「溜」・「反動」・「角度の変化」で、線質は激...

続きを読む

【 書作品・墨色変化 】

【 カテゴリー : 書 道 】《 墨 色 変 化 》※旧記事・改定版作品揮毫での重要素の1つに墨色の変化があります。硯・墨・紙の調和が取れないと、一切効果は発揮されず、ただ黒いだけとなります。何度も記載してますが、ただ黒いだけや、黒いだけの粗粒子・濃墨で書く程度なら、別に墨・墨液を使う必要性は無くなり、ペンキでも可となります。※市販の墨液など、根元が凝固する為、ペンキで書いても大差無。【 順・融 合 】視覚効...

続きを読む

【 中 字 仮 名 (旧記事・改定版) 】

【 カテゴリー : 書 道 】《 中字仮名・適合規格 》※旧記事・改定版仮名の規定揮毫は現在では当たり前になっています。しかし仮名専門誌等でない限り、半紙・半懐紙、半切の課題が多く、中字仮名と言う規格が、あまり重要視されている訳ではないようです。半紙や半懐紙から半切に移行、または半切も一緒に書いて行くとなると、細字仮名から大字仮名に飛んでしまう為、中字仮名の存在が希薄となりやすい。半切で文字...

続きを読む

【 調和体創作・詩文書 (旧記事・改定版) 】

【 カテゴリー : 書 道 】《 調和体創作・詩文書 》※旧記事・改定版漢字揮毫・基本の臨書から、応用である一字書等の創作、次に仮名の基本形である古筆臨書、応用の俳句・和歌等々。ここまで進めば、現在の行き着ける最終形態、調和体創作・詩文書となります。《 全・集大成で揮毫 》最近では調和体・近代詩文書として確立され、揶揄される事なく認知。しかし、上記の段階を一切踏まずしての揮毫が多く、これらが原因として、...

続きを読む

【 調和体・実用書 (旧記事改定) 】

【 カテゴリー : 書 道 】《 調和体・実用書 》※旧記事・改定版実用書は、漢字・仮名を調和させた書体の為、調和体に分類されます。漢字・仮名、その2大書体を調和させる為、難易度 = それらの比では無。《 漢 字 調 》調和体に分類される為、実用書もまた、定義はあるものの未だ完成形に至らず。主流は2種となり、漢字主体の調和体で、平仮名箇所も力強さが有、勢いのある作品。《 仮 名 調 》仮名特有の柔質さが...

続きを読む

【 細 字 揮 毫 (旧記事・改定) 】

【 カテゴリー : 書 道 】《 細 字 揮 毫 》※旧記事・改定版細字(さいじ)とは、漢字を小さく書く。 要は漢字揮毫です。一般的に多いのは、半紙縦1/2に七言二句(14文字)を揮毫、支部名・段級・氏名を書いて、競書として提出する。《 細字用・基本筆 》細字は小筆の真書(しんがき)を使用します。細字とは言え漢字揮毫の為、あまりにも細すぎる線しか出せない仮名用筆等では、太い線・細い線が出せません。筆先造と書体に合わせた、「...

続きを読む

【 仮 名 揮 毫 】

【 カテゴリー : 書 道 】《 仮 名 揮 毫 》※旧記事・改定漢字臨書・創作の次は仮名揮毫となります。大ジャンルで言えば、仮名も漢字同様に古筆臨書が最重要課題となり、俳句・和歌の散らしに移行して行く手順です。《 古 筆 臨 書 拡 大 揮 毫 》基本の古筆臨書も、やはり漢字同様に拡大して揮毫と原寸大揮毫との両立が不可欠です。漢字・古法帖と同様に、角度の変化と回転、そして内廻・外廻の運筆法の基本を学習し、...

続きを読む

【 漢字作品・創作 (一字書) 】

【 カテゴリー : 書 道 】《 漢字作品・創作 (一字書) 》※旧記事・改定漢字臨書の重要性。 これは相当なる重要度となりますが、永遠と臨書のみでは自身の創造揮毫には辿り着かない為、基本を確実に学習しながらの応用も重要となります。漢字作品で例を上げれば「大字・一字書」は非常に理に適う。太筆は通常の大筆の持ち方では書けない為、自然と筆法が身に付きやすくなります。また、余白の美 = 完全に十人十色、創造ともなる。...

続きを読む

【 墨 含 】

【 カテゴリー : 書 道 】《 墨 含 》※旧記事・改定書いていると墨がすぐ無くなり、カスれる。これは、1つは筆法、1つは始め方で修正します。始め方は簡単に修正可能です。根元まで含ませる。↓逆さまにする。↓垂れない程度に、根元に墨を貯め込む。↓先端のみ少し墨を取り、揮毫開始。奥底まで浸透、含ませた墨が貯金として下に垂れて来るまで、相当墨持ちが改善されます。※筆に墨をつけた時に、墨池等で毛を整える為とは言え、...

続きを読む

【 紙 規 格 】

【 カテゴリー : 書 道 】《 紙 規 格 》※旧記事・改定一般的に書く紙で多いのは「半紙」・「半切」となります。※「半紙」 = 24.3 × 33.4cm、「半切」 = 35 × 135cm元々、五言句・七言句と言う、文字数で1つの句を作る構成が有ります。その為、半紙は5文字を書く為に適した規格(サイズ)となり、半切は14文字(七言二句)を書く為の設定規格となります。学校等では「4文字」を書く事が多い。その場合、文字の天地に余...

続きを読む

【 調和体 (簡易版) 】

【 カテゴリー :  書 道 】《 調和体 (簡易版) 》※旧記事・改定調和体とは、「漢字」と「仮名」を調和させた書体の為、調和体と呼ばれます。調和体には、「実用書(手紙文)」・「近代詩文書」が該当します。手紙文である「実用書系」も漢字・仮名混じり、同じく、近代的な詩を崩して揮毫する「近代詩文書」も漢字・仮名混じりの為、調和体となります。※調和体と言う大ジャンルに分類されている事の意『 調 和 体 揮 毫 』...

続きを読む

プロフィール

株式会社 書優会・いわき本店

Author:株式会社 書優会・いわき本店
書道用品/掛軸/額装
日本唯一無二の専門企業、
価格・品質、業界 圧倒的 No.1
株式会社 書優会が運営する、
【 書 No.1 グランプリ 】の公式ブログ。
書 No.1 グランプリの他、書道に関する、
説明・疑問・質問等を随時掲載中!

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ