【書 道】 - 【 書 No.1 グランプリ 】公式・ブログ

記事一覧

【 細 字 揮 毫 (旧記事・改定) 】

【 カテゴリー : 書 道 】《 細 字 揮 毫 》※旧記事・改定版細字(さいじ)とは、漢字を小さく書く。 要は漢字揮毫です。一般的に多いのは、半紙縦1/2に七言二句(14文字)を揮毫、支部名・段級・氏名を書いて、競書として提出する。《 細字用・基本筆 》細字は小筆の真書(しんがき)を使用します。細字とは言え漢字揮毫の為、あまりにも細すぎる線しか出せない仮名用筆等では、太い線・細い線が出せません。筆先造と書体に合わせた、「...

続きを読む

【 仮 名 揮 毫 】

【 カテゴリー : 書 道 】《 仮 名 揮 毫 》※旧記事・改定漢字臨書・創作の次は仮名揮毫となります。大ジャンルで言えば、仮名も漢字同様に古筆臨書が最重要課題となり、俳句・和歌の散らしに移行して行く手順です。《 古 筆 臨 書 拡 大 揮 毫 》基本の古筆臨書も、やはり漢字同様に拡大して揮毫と原寸大揮毫との両立が不可欠です。漢字・古法帖と同様に、角度の変化と回転、そして内廻・外廻の運筆法の基本を学習し、...

続きを読む

【 漢字作品・創作 (一字書) 】

【 カテゴリー : 書 道 】《 漢字作品・創作 (一字書) 》※旧記事・改定漢字臨書の重要性。 これは相当なる重要度となりますが、永遠と臨書のみでは自身の創造揮毫には辿り着かない為、基本を確実に学習しながらの応用も重要となります。漢字作品で例を上げれば「大字・一字書」は非常に理に適う。太筆は通常の大筆の持ち方では書けない為、自然と筆法が身に付きやすくなります。また、余白の美 = 完全に十人十色、創造ともなる。...

続きを読む

【 墨 含 】

【 カテゴリー : 書 道 】《 墨 含 》※旧記事・改定書いていると墨がすぐ無くなり、カスれる。これは、1つは筆法、1つは始め方で修正します。始め方は簡単に修正可能です。根元まで含ませる。↓逆さまにする。↓垂れない程度に、根元に墨を貯め込む。↓先端のみ少し墨を取り、揮毫開始。奥底まで浸透、含ませた墨が貯金として下に垂れて来るまで、相当墨持ちが改善されます。※筆に墨をつけた時に、墨池等で毛を整える為とは言え、...

続きを読む

【 紙 規 格 】

【 カテゴリー : 書 道 】《 紙 規 格 》※旧記事・改定一般的に書く紙で多いのは「半紙」・「半切」となります。※「半紙」 = 24.3 × 33.4cm、「半切」 = 35 × 135cm元々、五言句・七言句と言う、文字数で1つの句を作る構成が有ります。その為、半紙は5文字を書く為に適した規格(サイズ)となり、半切は14文字(七言二句)を書く為の設定規格となります。学校等では「4文字」を書く事が多い。その場合、文字の天地に余...

続きを読む

【 調和体 (簡易版) 】

【 カテゴリー :  書 道 】《 調和体 (簡易版) 》※旧記事・改定調和体とは、「漢字」と「仮名」を調和させた書体の為、調和体と呼ばれます。調和体には、「実用書(手紙文)」・「近代詩文書」が該当します。手紙文である「実用書系」も漢字・仮名混じり、同じく、近代的な詩を崩して揮毫する「近代詩文書」も漢字・仮名混じりの為、調和体となります。※調和体と言う大ジャンルに分類されている事の意『 調 和 体 揮 毫 』...

続きを読む

【 筆 法 】

【 カテゴリー : 書 道 】《 筆 法 》※旧記事・改定前記事・続編となります。文字の変化は直筆・側筆での変化となり、交互に繰り返し、全面を使用して揮毫する事となります。筆を立てて書く → 太い線は出ない。では押し潰すのか!? となります。それでは当然、筆は割れてしまい、文字どころか線を引く事すらままならない現象となります。『 側筆・直筆での変化 』文字の変化とは、直筆と側筆、そして全面使用で初めて躍動しま...

続きを読む

【 臨 書 】

【 カテゴリー : 書 道 】《 臨 書 揮 毫 》※旧記事・改定書と言う物は、歴史に残る作品が多数存在し、全国の月刊誌(競書誌)でもそのほとんどに臨書が規定等で設定されています。当然ながら臨書は最重要な揮毫ですが、法帖を見る → 真似をして書く。それを臨書とは言いません。臨書をする時に一番重要な事は、何故ここはこうなのか?その視点と理解となります。次に、こう言う始だから、1つ手前のここはこう終(収)等々と繋がりま...

続きを読む

【 半 紙 揮 毫 】

【 カテゴリー : 書 道 】《 半 紙 揮 毫 》※旧記事・改定版一般的な競書月例にて、ほとんどの方が揮毫するのが半紙となります。そして、毎月の課題は半紙に5文字揮毫が一般的となります。半紙の課題 = 5文字だから5文字書く。それでは中々上手く行かず、身に付ける事が困難となります。5文字が課題の場合、5文字を1文字ずつ「拡大」して揮毫します。それを各々、100枚程度揮毫する。理解りやすく言えば、5文字の内の「1文字...

続きを読む

【創作・一字書揮毫-2(記事改定)】

【 カテゴリー : 書 道 】《 創作・一字書揮毫-2 》『 記 事 ・ 続 編 』※旧・記事改定【 墨 磨 】墨磨は何度も記載していますが、超濃墨を作ってからの淡墨です。昨日記事の松煙墨・青墨、これらの種に関係無、墨磨と言う物自体が、全ては濃墨からの淡墨となります。【 揮毫文字・選定 】文字の撰定・指定は特にはありません。 創作ですので、当然好きな文字で可となります。行草大字典の分厚い物・2-3種から選別・照合で確...

続きを読む

【創作・一字書揮毫(記事改定)】

【 カテゴリー : 書道 】《 一 字 書 揮 毫 》※記事改定版漢字作品の醍醐味であり、一見・簡単そうで難しい「一字書」。基本は基本で日々揮毫しながら、自身の創作・自身の字を書く。の意味も兼ねて、大字を揮毫すると面白い。以前の記事と被りますが、一字書の様に「大字」になると全体の粗が丸見えとなります。それにより、自分の短所を潰していけると言うメリットは相当に大。※文字のみならずそして、多字数であれば何とかなる...

続きを読む

プロフィール

株式会社 書優会・いわき本店

Author:株式会社 書優会・いわき本店
書道用品/掛軸/額装
日本唯一無二の専門企業、
価格・品質、業界 圧倒的 No.1
株式会社 書優会が運営する、
【 書 No.1 グランプリ 】の公式ブログ。
書 No.1 グランプリの他、書道に関する、
説明・疑問・質問等を随時掲載中!

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ