【筆の寿命(記事改定版)】 - 書道用品/掛軸/額装 日本一 株式会社 書優会

記事一覧

【筆の寿命(記事改定版)】

【 カテゴリー : 筆 】




《 筆 の 寿 命 》


※旧記事・改定版



以前に若干記載しました、筆の寿命です。

※下の画像参照


筆の寿命はいつ頃かの問いで、下画像の通り、

先端が丸くなれば寿命となります。

筆 = 毛ですので、使えば当然磨り切れます。

段々擦り切れて来ると先端が丸くなり、

丸くなれば筆ではなく「刷毛」となります。

その為、先も利かなくなり、寿命となります。



《 凝固しても使用不可 》

この件は墨液・墨汁・墨の記事に掲載しておりますが、

筆は根元が凝固すれば新品であろうとも終わりです。


根元が凝固 = じゃんけんのチョキの状態になりますので、

筆が割れる現象が起きます。

これは非常に勿体無いので、市販されているメーカー墨液は

使用しない方が佳です。


洗い方が悪いからと話す方もいらっしゃいますが、

洗っても溶けない設定の為、洗い方等はあまり関係ありません。



《 頻 度 》

書く方・その時によって、何枚・何文字等は判別出来ませんが、

一般的な鼬毛・小筆で細字を書いたと過程した場合、

枚数は少なめとしても、毎日書いたとすれば

せいぜい2か月程度が限界です。


小筆の場合は、小さい・細い・毛の絶対量が少ない為、

その程度の耐久性となります。


筆ではなく刷毛になってしまえば、先が利かない以前の問題で、

そもそも始筆が不可ともなります。

気に入った筆があれば、最低2-3本は用意し、

常に交互に使用出来る状態にしておく事をお勧めします。


同じ筆を毎日使用した場合、常に濡れている状態の為、

張りが無くなり、弾力も減少します。




【 画像 = 先端が丸くなり、寿命となった穂首 】





関連記事

プロフィール

株式会社 書優会・いわき本店

Author:株式会社 書優会・いわき本店
書道用品/掛軸/額装 卸・小売 専門店

『価格・品質、業界No.1』

株式会社 書優会 のブログです。

書道・書道用品の説明・疑問・質問等を掲載して行きます。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ ブログランキングならblogram