【画仙目-2】 - 書道用品/掛軸/額装 日本一 株式会社 書優会

記事一覧

【画仙目-2】

【画仙目・続編】


前回の画仙目の続編です。


画仙紙では気に入った物があるが、半紙では気に入った物が無い場合、

半切・全紙で半紙を作る事が出来ます。


《例》 Aと言う半切があり、非常に気に入っている。

しかし、半紙では存在が無い。

で、あれば、Aと言う半切か、または全紙を半紙にカットする。

そうすれば「A・画仙目」となる訳です。


逆を言えば、画仙目と言う半紙は、「何の画仙目」??

と、言う事です。 画仙目だから良い・悪いは存在しない訳です。

極論ですが、半切で1,000円の紙と5,000円の紙を半紙に裁断すれば、

一応は両方・画仙目になってしまいます。

しかし質は全くの別物です。

と、言う風になります。


【理に適った画仙目】

理に適った画仙目とすれば、微繊維だから滲みが均一で墨色変化強。

ですので、多少なりとも滲みが出る設定+墨色が綺麗に出る設定が必要となる訳です。

その為、滲む藁を微繊維漉し、墨色が綺麗に出る雁皮を配合。

これで画仙目が画仙目である理由が成立します。

※滲みが少や極少の設定で作ると、滲まない為、滲みの均一性が理解らない。


と、言う事で、非常に面白い紙の性質ですので、お試し下さい。




◇元々微繊維の画仙目を更に微繊維にした、特級・画仙目◇

※その分、若干ですが、滲みは減ります。




関連記事

プロフィール

株式会社 書優会・いわき本店

Author:株式会社 書優会・いわき本店
書道用品/掛軸/額装 卸・小売 専門企業

『 価格・品質、業界 圧倒的 No.1 』

株式会社 書優会の公式ブログです。

書道・書道用品の説明・疑問・質問等を掲載して行きます。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ