【用途の不適合】 - 書道用品/掛軸/額装 日本一 株式会社 書優会

記事一覧

【用途の不適合】

【唐具で揮毫】


たまに聞く話の中で、唐紙・唐筆・唐墨で仮名を書いていると言う話。

最近では激減していますが、今でもたまに聞きます。


【 唐 紙 】

 白連・毛辺 等の昔からの定番半紙。 たまたまとあるネットの広告宣伝で

滲み無(または極少だったか・・・)で漢字と仮名が書けます。の、記載有。

滲まない、または滲みが少ない。ただこれだけの理由性で仮名に向いていると言う事は

本来無(別に文句でも苦情でもありません)。

滲まない=綺麗に出る原料は微繊維過ぎて滲みが止まってしまう



その為、綺麗に出る代わりに滲まないので、仮名に適するとなる訳です。


【 唐 筆 】

細字仮名でも中字仮名でも一緒ですが、筆の穂先の作り方が、細字と仮名では

全く異なります。 大体こんな感じの太さと長さだから丁度良い。

とはなりません。 穂先の作り方とは、全ての根幹の様な物で、

太い線と細い線の分別設定の為の物となっています。


【 唐 墨 】

そもそも、根本的に和墨(日本の墨)と唐墨(中国の墨)は、

「煤」・「膠」の設定比率が異なります。

日本と比較して膠の%が多い唐墨は、伸びが悪い・線質が切れない等があり、

プラス、使用膠も異なる為、ベタつきが多くなっています。

当然、流麗な連綿構図の仮名の場合、細い線で連動して行くので、
 
ベタついてベトっとしてしまえば、書きづらい訳です。


なるべく用途に合わせた設定で、書けない事は無。の程度と、

思ったその通りになる。 の差異は埋めて言った方が、多少なりとも

作品が変わりますので、是非実践してみて下さい。


※唐用品は漢字向の設定だと言う意味です。


【そもそも・・・中国には仮名は無いんですよ・・・】




◇この画像はイメージの為にアップしただけです◇



関連記事

プロフィール

株式会社 書優会・いわき本店

Author:株式会社 書優会・いわき本店
書道用品/掛軸/額装 卸・小売 専門店

『価格・品質、業界No.1』

株式会社 書優会 のブログです。

書道・書道用品の説明・疑問・質問等を掲載して行きます。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ ブログランキングならblogram