【色紙・短冊・寸松庵】 - 書道用品/掛軸/額装 日本一 株式会社 書優会

記事一覧

【色紙・短冊・寸松庵】

【清書用紙と練習用紙】


久々にその他用品のカテゴリーです。

色紙・短冊・寸松庵 等は、厚手で金縁の付いた物が清書用、

ペラペラした冊子状になっている練習帖が練習用。

と、言う分類になっているのが一般的ですが、上記の厚手・金縁の付いた物でも、

練習の域を出ない物がほとんどです。


【張ってある紙が何!?】

色紙や短冊等は、パっと見ではわかりませんが、張ってある紙が重要であり、

張ってある紙が些末な紙では、いくら厚手の金縁の付いた物でも所詮は

練習用となります。

※これは葉書も同です。

色紙・短冊・寸松庵 等は、ボール紙のような物を何層かにし、

そこに紙を貼って金縁を廻した物の為、張ってある紙が良質かどうかで

判別する事になります(理解りやすく言えばです)。

以前の紙のカテゴリーでも記載している、仮名料紙・加工紙と意味合は全く一緒。

色紙に一発書では失敗したら勿体無い。と、言う事で、練習帖に揮毫、

それを安価な色紙に裏打して張込をする。

そうすれば色紙に直接揮毫と変わらない。

と、なる訳です(最近はこれがほぼ100%に近い状態です)。

元は、厚手の金縁の付いた普通の色紙や短冊が清書用紙として使用されていましたが、

最近の物はただの印刷紙等が張込されているだけ。が、圧倒的に多い為、

↑ の練習帖に揮毫→裏打・張込でも差異が無くなってしまいました。

白い物でも一緒です。張ってある紙が「奉書」・「和画仙」・「本画宣」

等々、色々ありますが、手漉か機械漉か!? 等々、これも良し悪しは一概には判別

出来ない訳です。

※葉書の本画宣等も同様に、両面手漉本画宣張か片面だけかで価格が決まるので、

価格だけでの判別は無理です。


良質なお気に入りの紙等を裁断し揮毫。 それを裏打し、張込用の最安値の物に

張込をした方が、綺麗に出る+安上がりの、間違いない方法です。





◇色紙練習帖の角ボカシ。色紙になっていると高い為、練習で表具する◇




◇同じく切継。これまた印刷物ですが、清書用の色紙も張ってある紙は同等品◇






関連記事

プロフィール

株式会社 書優会・いわき本店

Author:株式会社 書優会・いわき本店
書道用品/掛軸/額装 卸・小売 専門企業

『 価格・品質、業界 圧倒的 No.1 』

株式会社 書優会の公式ブログです。

書道・書道用品の説明・疑問・質問等を掲載して行きます。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ