【韓国硯-3 試墨磨】 - 書道用品/掛軸/額装 日本一 株式会社 書優会

記事一覧

【韓国硯-3 試墨磨】

【韓国硯・試編(簡易版)】


◇内面と墨磨編◇

石紋や形状、産地に価格。そして最後に「どれだけ磨れるか」の試です。

墨を磨る条件で言えば、悪条件で磨ってみました。

「ゼロベースの、水を若干多めの設定」 「1丁型の小さい墨を使用」

※1丁型では接地面積が少ないので、時間がかかります。


時間は5分。5分でどこまでいけるか。です。

※水を若干多めにした為、「磨れる硯」でない場合、薄い・混ざらないとなります。


結果、磨れます。水を多め設定の為、糸を引くまでは到達しませんでしたが、

かなりの濃墨。つまりは微粒子。

悪条件で5分でこれは相当な物ではあります。

硯学者の方が言う(勧める)だけの事はある。が、率直な感想です。

大きい物(硯)は悪質箇所が混ざる為、入手困難な状況ですが、

このクラスなら問題無。

いくら良い墨でも、粗粒子では夏炉冬扇。細かく磨れない=色は出ない。

と、なります。 当然、色が満足に出ない墨を、いくら良質な紙に載せても

発色悪。と、なる為、いかに硯が大事であるかが刹那に理解出来る訳です。

墨の持てる力がフルに発揮出来る硯。 是非お試し下さい。




◇悪条件での試墨磨◇





◇上は二層紙、下は標準厚紙。色変化強◇



関連記事

プロフィール

株式会社 書優会・いわき本店

Author:株式会社 書優会・いわき本店
書道用品/掛軸/額装 卸・小売 専門店

『価格・品質、業界No.1』

株式会社 書優会 のブログです。

書道・書道用品の説明・疑問・質問等を掲載して行きます。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ ブログランキングならblogram