【調和体創作・詩文書】 - 書道用品/掛軸/額装 日本一 株式会社 書優会

記事一覧

【調和体創作・詩文書】

【調和体の創作】


基本の臨書・漢字一字書等の創作、仮名の古筆臨書・仮名の応用からの

現在行き着ける所、調和体創作・詩文書。


《全ての集大成で揮毫》

最近は調和体・近代詩文書として確立されつつあり、あまり揶揄されなくは

なって来ましたが、未だ調和体を評価しない、または手を出さないが多少なりとも

ある模様です(理由は書をやっている方なら言わずもがなです)。
 
漢字→仮名→調和体と、進化・進歩して行く為には、色々な筆法・理論が

必要となり、ただ書けば良いと言う事でも無となります。

蓄積された文字の構造・骨格、線質に対する理屈。

これが難しさでもありますが、面白さでもあります。


《詩文書・揮毫の準備》

『筆』=調和体用(詩文書用)に改良された羊毛筆を用います。

長鋒(長くて細い)で柔質でなければ、線自体が硬くなり、

揮毫自体が難しいとなる為です。

※応用の応用で、荒々しい作品の場合は、長鋒の極端に硬い筆を用います。



『墨』=羊毛の長鋒は、只でさえ柔質な筆が更に柔質になります(感じます)。

その為、毛に張りを出す為に濃墨を使用しますので、練習として書いてみる場合でも

墨汁(墨液不可)の超微粒子濃墨を使用します。

※前の記事とも被りますが、ただ濃いでは無。微粒子過ぎて濃くなった。の図式です。

当然ながら墨を磨る時は、濃墨にしますので、超微粒子まで濃度を上げ、

そこから若干薄めます。濃墨過ぎては伸びませんし、色の変化も弱くなります。

墨は菜種油煙か胡麻油煙。練習なら菜種、本番では胡麻がお勧めです。

※当然「純」です。



『紙』=濃墨を使用する場合、滲みが止まる為、滲みの強い紙を使用します。

ここは選んだ詩文によりますので、簡易で記載しますが、

書く文字数で「厚み」を変更します。多字数なら薄手~標準。

少字数なら標準~厚手となります。

深みも出したい。であれば、少しでも厚手の方が佳良です。

当然、滲みが強いだけでは綺麗に出ない為、滲みが細かく均一で、

更に墨色も綺麗に出る。と、言う設定紙が最低条件となります。



『硯』=今までと不変。こうして見ると、硯が全てにおいて一番重要だと言う事が理解ります。



※長くなるので続編にて




◇詩文書用・改良筆(半紙程度用)◇




関連記事

プロフィール

株式会社 書優会・いわき本店

Author:株式会社 書優会・いわき本店
書道用品/掛軸/額装 卸・小売 専門企業

『 価格・品質、業界 圧倒的 No.1 』

株式会社 書優会の公式ブログです。

書道・書道用品の説明・疑問・質問等を掲載して行きます。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ