【紙裁断・派生(続-2)】 - 書道用品/掛軸/額装 日本一 株式会社 書優会

記事一覧

【紙裁断・派生(続-2)】

【裁断によって存在する規格-2】


昨日の簡易・続編です。


最近は使用頻度が減少傾向ですが、六ッ切判・聯落 等規格も裁断からの

派生規格となります。


「六ッ切判」 = 全紙の1/6で、主に学生条幅に使用。八ッ切判では細すぎる為に設定された規格


「聯落」 = 全紙から耳を落とすので、聯落。耳とは八ッ切判を指す為、聯落を作る=

聯落と八ッ切判がセットで出来る。となります。


《掛軸での設定》

最近は天井が低く(昔との比)、半切で掛軸にしても飾れない。が、増えています。

基本的には半切で掛軸を作ると、2m程度。 そこに風鎮を付けて丁度良い。

と、言う設定でしたが、天井が低いと、2mでも掛けられない。

そこで昨日の半切2/3・半切1/2の頻度が拡大しています。

半切2/3の場合、長さは90㎝、1/2の場合は、67.5㎝となりますので、

仮に2mの天井でも掛けられる設定となります。


◇作品創には何を書くか!? だけではなく、当然ながら掛ける場所の計算が必要となります。

しかし、そこで規格外の㎝で製作してしまうと、特注になり表具代が高くなったりしますので、

確認してからの創作をお勧めします。




◇画像は全紙。70×135㎝となります◇

※宣紙幅は3尺なのに97㎝等の設定ですので、御注意下さい。




関連記事

プロフィール

株式会社 書優会・いわき本店

Author:株式会社 書優会・いわき本店
書道用品/掛軸/額装 卸・小売 専門企業

『 価格・品質、業界 圧倒的 No.1 』

株式会社 書優会の公式ブログです。

書道・書道用品の説明・疑問・質問等を掲載して行きます。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ