【紙裁断からの派生-2】 - 書道用品/掛軸/額装 日本一 株式会社 書優会

記事一覧

【紙裁断からの派生-2】

【紙裁断-2(簡易版)】


《画仙目・半紙-2》

昨日の続編ですが、半紙よりも細かい漉網の画仙紙を半紙に裁断して使用すると、

細かい=微繊維になります。ただし、これは逆に言えば「大字」には不向きです。

何でもそうすれば良いの意味ではありません。

プラス、漉網の目に沿って裁断する為、無駄が出る仕組です(割高になる設定)。

因みに、画仙目半紙とは、ただの呼び名の為、Aと言う画仙紙を裁断し、更にBと言う紙を

裁断した場合、ともに画仙目に変わりはない為、A画仙目や、画仙目Bと言った名前になります。

基本的には滲み適度の紙で、行草書用で、更に綺麗に出る雁皮入。等でなければ、

画仙目半紙を作る理由は薄れます(または半紙に詩文書揮毫等)。


《紙裁断の特寸判-2》

前記事の裁断「40×160」の続編です。 尺物で2×6尺(↓画像)や2×8尺等の紙。

これは「実寸2×6尺」・「実寸2×8尺」となり、2×6尺・2×8尺の額には入りません。

ここは前の額規格の記事と被りますが、尺物は「額が」尺の為、「紙は」小さくします。

2×6尺の額は額が2×6尺の為、実寸2×6尺の紙では、額と同一寸法となり入らない訳です。

その為、2×6尺の額に入れる場合で、2×6尺の紙の場合は、縦・横をともに裁断する必要があります。

※縦書なら天地、横書なら左右に余白を一切出さない通し。

この場合は、どちらかの余白のみ計算し、裁断となります。


《紙裁断で作成する規格品は次記事にて掲載します》




◇実寸2×6尺の紙の為、幅と長を裁断しないと、2×6尺の額には入りません◇




関連記事

プロフィール

株式会社 書優会・いわき本店

Author:株式会社 書優会・いわき本店
書道用品/掛軸/額装 日本唯一無二 卸・小売 専門企業

『 価格・品質、業界 圧倒的 No.1 』

株式会社 書優会の公式ブログです。

書No.1グランプリ・書道・書道用品の説明・疑問・質問等を

随時掲載しております。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ