【紙裁断からの派生と種類】 - 書道用品/掛軸/額装 日本一 株式会社 書優会

記事一覧

【紙裁断からの派生と種類】

【多種多様な規格を作成可能】


《画仙目》

画仙目は「がせんめ」と言い、画仙紙の目に沿って、半紙に裁断した物となります。

手漉の半紙と画仙紙は、漉網目が異なる為、全く同じ原料で漉いても、同じにはなりません。

基本的には5文字用の半紙と、多字数から少字数まで幅広い使用途の画仙紙では、

紙漉用の漉網目の細かさが異なります。

しかし、半切や全紙では気に入った紙があるのに、半紙では気に入った物が無。

または、画仙紙が良すぎて、良い半紙なのにイマイチに感じてしまう。 等です。

その場合は、その画仙紙を裁断し、半紙を作る事が出来ます。


《特寸判》

地域で使用されている規格は様々です。 何㎝ × 何㎝の紙と言う設定は、

全国都道府県・市区町村毎に異なります。

※全国の書初用紙が最たる例です。

よくある特殊な寸法で言えば「40×160㎝」程度。

この規格も、当然漉網は無。その為、なるべく無駄なく使えるように、

3×6尺をカットする訳です。90㎝を半分にし、5㎝詰めれば40㎝が×2反取れます。

縦も180㎝を160㎝に裁断すれば出来上がりますので、無駄が少なく、1反から2反。

の、計算となります。


※長くなるので、また次回



◇画仙紙で抜群の人気を誇る特級嵯峨。半紙設定無の為、半紙に裁断し、特級嵯峨・画仙目となります◇



関連記事

プロフィール

株式会社 書優会・いわき本店

Author:株式会社 書優会・いわき本店
書道用品/掛軸/額装 日本唯一無二 卸・小売 専門企業

『 価格・品質、業界 圧倒的 No.1 』

株式会社 書優会の公式ブログです。

書No.1グランプリ・書道・書道用品の説明・疑問・質問等を

随時掲載しております。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ