【料紙の良悪-2】 - 書道用品/掛軸/額装 日本一 株式会社 書優会

記事一覧

【料紙の良悪-2】

【仮名料紙の良悪・続編(簡易版)】


◇先日の仮名料紙の続編です◇


《練習用・料紙-2》

続きですが、練習用の料紙でも、綺麗に出る原料が入っている紙もあります。

「楮」・「三椏」・「雁皮」 と、綺麗に出る代わりに滲まないの原料です。

これらが入っていれば、練習用とは言え、昇格試験や簡易作品、

毎月の提出には十分対応出来ます。


《ツルツル・ザラザラ》

これは以前の記事と被りますが、ツルツルは「表」に印刷、ザラザラは「裏」に印刷しています。

本来は「ツルツル → 表印刷 → 多少なりとも微繊維 → 細字仮名向」

「ザラザラ → 裏印刷 → 多少なりとも粗繊維 → 中字仮名向」となります。

ザラザラしていると墨を取ってくれる為、渇筆が出し易い。だから裏印刷紙を使用。

が、最近の傾向ですがね本来の用途とは異なります。


《清書用・料紙-2》

基本的に「雁皮」・「楮」・「三椏」で漉いた紙に、色や金銀を付けていますので、

墨色が悪いと言う事はありません(当然ながら純度100%です)。

※他所の事は知りません。あくまで当社の話限定です。

綺麗に出す清書料紙ですので、当然・練習用のように「裏」に加工はしません。

せっかく良質な原料を微繊維で漉いている訳ですので、

綺麗に出ない「裏」に色等をつけてしまっては夏炉冬扇となります。

また、清書料紙は手漉紙の為、漉網目があります。

その為、滲まないとしても「中に入ります」ので、練習用のように渇筆が

出づらいと言う事もありません。

因みに、このレベルになると、染・ボカシ具合・金銀砂子・金銀箔 等、

お好みで選別されても可能です。余程でない限りは外れません。


※国産表記でも、その実、原紙は輸入紙。加工のみ日本で!!

の、国産を謳う清書料紙もどきも存在します。




◇画像=練習用でも楮入(若干)で、墨色変化が有◇



関連記事

プロフィール

株式会社 書優会・いわき本店

Author:株式会社 書優会・いわき本店
書道用品/掛軸/額装 卸・小売 専門店

『価格・品質、業界No.1』

株式会社 書優会 のブログです。

書道・書道用品の説明・疑問・質問等を掲載して行きます。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ ブログランキングならblogram