【中筆・小筆の差異】 - 書道用品/掛軸/額装 日本一 株式会社 書優会

記事一覧

【中筆・小筆の差異】

【中筆・小筆の区分】


《見た目では難しい判断》

中筆の小さい物と、小筆の大きい物は見た感じでは区別がつきづらい。

大筆の小と中筆の大も然りですが、中筆の小と小筆の大では、

造り自体が異なる為、使い方の根本が変わります。

小筆の作り方は以前の記事にありますが、

中筆の小が中筆に分類れている理由は、大筆等と同じ作り方。

と、なります。

前の記事と被りますが、根元に弾力性のある毛を用いている筆が

かなりの比率で存在している為、小筆を除けば、全ておろして使用しないと

いけない訳です。

仮名の全懐紙等で、文字数の関係上、小筆と中筆の間の場合などは、

小筆ではなく、中筆を使用した方が、適度な弾力を使用して揮毫可能になる為、

線質の躍動感が全然別物となったりします。

全ては共通事項ではありますが、

何を書くか・何文字か 等、計算してから選別した方が、理に適った

作品が創りやすいとなります。

※これからの時期・御札書も然りです。




◇小筆でもわりと大きいサイズです。が、小筆造の為、当然おろせません◇

一般的な細字・半紙縦1/2・七言二句に適します。



関連記事

プロフィール

株式会社 書優会・いわき本店

Author:株式会社 書優会・いわき本店
書道用品/掛軸/額装 卸・小売 専門店

『価格・品質、業界No.1』

株式会社 書優会 のブログです。

書道・書道用品の説明・疑問・質問等を掲載して行きます。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ ブログランキングならblogram