【小筆・使用箇所】 - 書道用品/掛軸/額装 日本一 株式会社 書優会

記事一覧

【小筆・使用箇所】

【小筆の使用可能箇所】


写経の記事で「雀頭筆」が出ましたので続き(?)です。

筆の記事(カテゴリー)で「小筆は全部おろせない」と、記載しましたが、

どこまでおろして良いのか!? の、理解りやすい画像です。





上の茶色い小筆もよく見ると、先端から30%程度の箇所で色が異なります

下の茶毛+白毛は、尚、理解りやすい色別になっています。

この先端から30%程度が使用箇所であり、おろしても可能な場所です。


《二重上毛》

以前の記事と被りますが、小筆はそもそも毛の絶対量が少なく、細い・短いとなっています。

その為、上に毛を巻いて、補強をし、「筆の形状」にする訳です。

※これをしないと、インパクトの交換ドライバーの様な形状になってしまいます。


これが以前に記載した、おろせない。の意味です。


これまた記事が被りますが、おりてしまった。または洗ってしまった。

の、場合は「膠液」で元に戻せます。

おりてしまった為、書きづらい。 は、修復可能、買い替える必要性無です。


※長くなるので、続編にて




関連記事

プロフィール

株式会社 書優会・いわき本店

Author:株式会社 書優会・いわき本店
書道用品/掛軸/額装 卸・小売 専門店

『価格・品質、業界No.1』

株式会社 書優会 のブログです。

書道・書道用品の説明・疑問・質問等を掲載して行きます。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ ブログランキングならblogram