【紙の原料(簡易版)】 - 書道用品/掛軸/額装 日本一 株式会社 書優会

記事一覧

【紙の原料(簡易版)】

【紙の原料・簡易版】


◇綺麗に出るには訳があるんです◇

若干ですが、内面に入ります。 基本的に綺麗に出る紙は、当たり前ですが、

綺麗に出る原料が入っています。 細かく書くと長くなる為、簡易版で記載します。


《雁皮(がんぴ)》

滲み極少・墨色変化強の微繊維原料で、 仮名・細字・写経・実用書に使用。


《楮(こうぞ)》

滲み極少・墨色変化強の微繊維原料ですが、若干繊維が太い為、仮名の条幅等に使用。


《三椏(みつまた)》

上記同ですが、微繊維なのに強め。 発色抜群。

※昔の紙幣に使用されていた程。


と、言う風に、綺麗に出る = 綺麗に出る為の原料が入っています。

前に記載した、「書きやすい紙」=「良質とは限らない」は、ここで該当して来ます。

そもそも、「書きやすい」は、十人十色。

10人が10人、絶対書きやすいは無です。

しかし、綺麗に出る=誰が使っても綺麗に出ると言う、共通事項です。

その為、紙を作る時は、書きやすいよりも、どれだけ綺麗に出るか!?

を、最優先して設計・設定しています。

※書きやすさも兼備にする為に、色々とやる事はやります。


【全ての紙の共通事項】

上記記載綺麗に出る原料は、仮名・細字・実用書だけではなく、

当然、漢字用・詩文書 等にも該当します。

漢字・詩文書用の場合は、滲みが必要になる為、あまり上記の原料を多くは

入れられませんが、0%・10%・50%では、綺麗に出る度合いに相当な差異があります。

書きやすい紙、しかし綺麗に出る原料0%では、良い紙とはならない訳です。


※長くなるので、補足は次回にて




◇抜群の色変化を齎す、楮紙。 墨色の濁り皆無◇





◇上は三椏、下は雁皮の半紙。 同じく抜群の発色で、鮮明な色変化です◇




関連記事

プロフィール

株式会社 書優会・いわき本店

Author:株式会社 書優会・いわき本店
書道用品/掛軸/額装 卸・小売 専門企業

『 価格・品質、業界 圧倒的 No.1 』

株式会社 書優会の公式ブログです。

書道・書道用品の説明・疑問・質問等を掲載して行きます。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ