【羊毛の変化】 - 書道用品/掛軸/額装 日本一 株式会社 書優会

記事一覧

【羊毛の変化】

【最近の羊毛と旧羊毛の差異】


随分前からですが、羊毛の毛質が悪化しています。

ただでさえ柔らかくて書きづらい!! と、敬遠されがちな羊毛筆が、

毛質悪化で、更に敬遠されると言う、悪循環になっています。


【旧・羊毛】

毛が太く、張りが有り、揮毫時に、紙ではなく筆から「しっとり感」が伝わる。

柔らかい中にも芯が有る為、反動や弾力を生かせる。

【最近の羊毛】

全くの逆。毛が細い・張りが無・芯が無。


これは当然ながら、色々と原因がありますが、人口飼育・脱脂 が主な原因です。

見た目が綺麗で純白。脂を抜く為、サラサラ。

と、使わないなら良いですが、使うとなると難しい。

人の髪の毛も洗った後はペタペタ。と同じ理由です。


昔ながらの飴色の羊毛。 脱脂少なく張りがあり、芯があるので書きやすい。

同じ羊毛でも、そう言う羊毛であれば、そこそこに書きやすいので、

羊毛を使っている・使ってみたい・使わないといけない

の、場合は、旧・羊毛で揮毫してみて下さい。

※当然、濃墨使用なら、尚、弾力増で書きやすくなります。




◇旧・細光鋒(老光鋒)、伝統工芸士作の珍品羊毛◇




関連記事

プロフィール

株式会社 書優会・いわき本店

Author:株式会社 書優会・いわき本店
書道用品/掛軸/額装 卸・小売 専門店

『価格・品質、業界No.1』

株式会社 書優会 のブログです。

書道・書道用品の説明・疑問・質問等を掲載して行きます。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ ブログランキングならblogram