【紙・規格の用途】 - 書道用品/掛軸/額装 日本一 株式会社 書優会

記事一覧

【紙・規格の用途】

◇記事数の少ない順から追記しております◇


※これから始める方や、最近始まった方向きの記事です。


一般的に書く紙で多いのは「半紙」・「半切」です。

半紙は24.3×33.4㎝で、半切は35×135㎝となっています。

元々、「五言句」・「七言句」と言う文字数で1つの句を作る構成が有ります。

その為、半紙は5文字を書く為に適したサイズとなってます。

学校等では「4文字」を書く事が多い。そうすると文字の天地に余白が発生する為、

非常にバランスが悪くなり、書きづらい。本来、4文字・日本だから五言句ではなく、

四字熟語を書くと言うのであれば、紙も日本での規格である「色紙」に書くのが適する訳です。

元々、字形が正方形の文字を、天地が余るからと言って、無理矢理に長方形にしては

当然おかしくなる。しかし、正方形なら尚、天地の余白は広がって書きづらい。

と、なります。 適材適所とまでは言いませんが、紙の規格と文字数の合致。

これは最低限度となります。当然・筆の規格も該当します。



◇画像 = 半紙の規格でしたので、イメージとして掲載しました◇



関連記事

プロフィール

株式会社 書優会・いわき本店

Author:株式会社 書優会・いわき本店
書道用品/掛軸/額装 卸・小売 専門企業

『 価格・品質、業界 圧倒的 No.1 』

株式会社 書優会の公式ブログです。

書道・書道用品の説明・疑問・質問等を掲載して行きます。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ