【ペン字とペン習字の差異】 - 書道用品/掛軸/額装 日本一 株式会社 書優会

記事一覧

【ペン字とペン習字の差異】

その他用品の続編(?)です。

「ペン字」と言う言葉と【ペン習字】と言う言葉が有ります。使い分けてます。

ペン字は基本的に何でも良いです(使用具の事です)。

ペン字ですので、ボールペンでも万年筆でも、ペン字に変わりは無。

問題はペン習字。 習字と付くからには「遅速軽重」が必要となります。

太い線・細い線で変化を齎し、躍動感と連綿を伝える。 これがペン習字。

文字の80%は正方形。 毛筆もそうですが、余程変な風に間延びさせたり、意図的に変更

しない限りは、綺麗には見えます。 巧と上手の差異です。綺麗さだけでは、

見る人に感動を与えるのは困難。作品を見た時に、これは!! と、なってもらえる。

これが本当の芸術ではないでしょうか(勝手に思ってるだけ)。 ペン習字も面白いので、

是非書いてみて下さい。 現代では一番実用的です。 実質の調和体なので難しいですが。




◇プロの漫画家が使用する、昔ながらの付けペン。 太い線・細い線が出る◇

関連記事

プロフィール

株式会社 書優会・いわき本店

Author:株式会社 書優会・いわき本店
書道用品/掛軸/額装 卸・小売 専門店

『価格・品質、業界No.1』

株式会社 書優会 のブログです。

書道・書道用品の説明・疑問・質問等を掲載して行きます。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ ブログランキングならblogram