新・ブログ看板2018-05-03 【 調和体創作・詩文書 (旧記事・改定版) 】 - 【 書 No.1 グランプリ 】公式・ブログ

記事一覧

【 調和体創作・詩文書 (旧記事・改定版) 】

【 カテゴリー : 書 道 】





《 調和体創作・詩文書 》

※旧記事・改定版


漢字揮毫・基本の臨書から、応用である一字書等の創作、

次に仮名の基本形である古筆臨書、応用の俳句・和歌等々。

ここまで進めば、現在の行き着ける最終形態、調和体創作・詩文書となります。


《 全・集大成で揮毫 》

最近では調和体・近代詩文書として確立され、揶揄される事なく認知。

しかし、上記の段階を一切踏まずしての揮毫が多く、これらが原因として、

未だに確立された真とはなっていない。


漢字→仮名→調和体と、進化・進歩して行く為には、色々な筆法・理論が

必要となり、ただ書けば良いと言う事ではありません。

蓄積された字構造・骨格、線質に対する理屈。

そこに初めて創を組み込む。

これが難しさでもあり、面白さでもあります。



《 詩文書・揮毫 》

基本形として、筆は調和体用(詩文書用)に改良された羊毛を用います。

柔質線を描く為、長鋒(長細)を用います。

※応用として、荒々しい揮毫の場合、長鋒の極端に硬い筆を用います。


墨 = 羊毛の長鋒の場合、柔毛が更に柔質になります。

その為、毛に張りを齎す為、濃墨を使用します。

※微粒子にて濃墨の意

※墨を磨る時は濃墨を作る為、超微粒子まで濃度を上、そこから適度に薄めます。


紙も当然変わります。

濃墨を使用する場合、滲みが通常より止まる為、滲みの強い紙を使用。

※滲み均一・墨色変化は最低限度必要。


書く物変われば筆変わる。

筆が変われば墨変わる。

墨が変われば紙変わる。

当たり前の最低限度の事象です。



調和体部・予選「A」ブロック・画像

【 画像 = 特に意味はありません 】





関連記事

プロフィール

株式会社 書優会・いわき本店

Author:株式会社 書優会・いわき本店
書道用品/掛軸/額装
日本唯一無二の専門企業、
価格・品質、業界 圧倒的 No.1
株式会社 書優会が運営する、
【 書 No.1 グランプリ 】の公式ブログ。
書 No.1 グランプリの他、書道に関する、
説明・疑問・質問等を随時掲載中!

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ