新・ブログ看板2018-05-03 【 墨 含 】 - 【 書 No.1 グランプリ 】公式・ブログ

記事一覧

【 墨 含 】

【 カテゴリー : 書 道 】





《 墨 含 》

※旧記事・改定



書いていると墨がすぐ無くなり、カスれる。

これは、1つは筆法、1つは始め方で修正します。


始め方は簡単に修正可能です。


根元まで含ませる。



逆さまにする。



垂れない程度に、根元に墨を貯め込む。



先端のみ少し墨を取り、揮毫開始。



奥底まで浸透、含ませた墨が貯金として

下に垂れて来るまで、相当墨持ちが改善されます。


※筆に墨をつけた時に、墨池等で毛を整える為とは言え、

何回も何回も毛先等を整える。


これでは、墨が落ちてしまうので、含みが少なくなります。


※そもそも、そんなに何回何回も墨を取るなら、

「今、何の為に墨をつけたのでしょうか?」

となり、本末転倒です。



【 穂先を修正する 】

書きながら修正する為、先に修正する必要性は無。


【 墨がいっぱい付いていると滲む 】

天地を逆にし、根元まで含ませれば、根元に染み込んだ墨が

下に(毛先)落ちて行くまで相当な時間を稼げます。

「墨量」と「落ちて行く時間」が従来の比ではない為、

墨持ちは劇的に改善されます。


勿論、これで墨量含が多くなる為、墨継ぎが不要になり

筆も割れづらくなる。

そして連綿が成立する比率が向上する為、躍動感も劇的に向上と、

好循環が生まれます。


※必ず、ひっくり返した後、先端の墨は少し落として下さい。





【 急激にひっくり返すと墨が垂れて来ます。 ある程度の角度にて 】





【 先端の墨量過多では滲む比率が上がる為、先端のみ墨をやや落とす(整程度) 】






関連記事

プロフィール

株式会社 書優会・いわき本店

Author:株式会社 書優会・いわき本店
書道用品/掛軸/額装
日本唯一無二の専門企業、
価格・品質、業界 圧倒的 No.1
株式会社 書優会が運営する、
【 書 No.1 グランプリ 】の公式ブログ。
書 No.1 グランプリの他、書道に関する、
説明・疑問・質問等を随時掲載中!

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ