2017年01月 - 書道用品/掛軸/額装 日本一 株式会社 書優会

記事一覧

【 創 作 】

【 書 道 】《 創 作 》線質・筆法と来れば、創作となります。終わりは無の為、臨書で基本を勉強しつつ、応用へと進んで行く事となります。創作は漢字・仮名・調和体と多種多様な表現方法が有、これが正解と言う物は無。イメージ・空間・強弱等々を全て含め、1つの作品となりますので、プロローグ・魅場・エピローグと、映画の如く作品を創るイメージです。今までの基本に、自分の文字を合わせつつ揮毫する。簡単な様で難し...

続きを読む

【 筆 法 】

【 書 道 】《 筆 法 (側・直) 》筆法と一言で言っても多種ありますが、臨書で学ぶ筆法の効果は絶大です。前回記事にも記載しておりますが、ここは何故にこうなのかの視点が重要であり、その場合の筆の角度が筆法として連動します。全ての構造は(文字だけでは無)、細い線・太い線が有。それは側・直の筆の角度の変化で成立します。筆を立てて書くと言う事は、太い線を引く時に押しつぶさなければ太くはなりません。しかし、当然...

続きを読む

【 御 礼 】

【 各 種 ・ 御 案 内 】平素は格別の御愛顧を頂戴し、心より御礼申し上げます。本日、1月15日にて、創業10年を迎える事が出来ました。本当にありがとうございます。様々な出来事もありましたが、振り返ってみれば刹那であり、露と落ちの意味が理解った気がします。大震災も含め、様々な事がありました。しかし、その都度、全国の皆様に御協力をいただき、何とか乗り越えて来れました。今後も精進して参りますので、何卒 宜しくお...

続きを読む

【 線 質 】

【 書 道 】《 線 質 》書に於いて、線質は最重要と言っても過言ではない物です。(点・線は全ての事象に於いても最重要の為、書だからと言う訳では無)線質は、単に勢い良く引く・書くと言う意味ではなく、遅速軽重を熟慮しながら引く事に本質があります。線を引くと言う事前の、タメ・反動・角度の変化で線質は変わります。その工程がある事により、躍動感が倍増し、良質な線へと昇華する訳です。《 基 本 は 臨 書 》普段の...

続きを読む

【 第3回 書 No.1 グランプリ(2017) 始動-3 】

【 第3回 書 No.1 グランプリ(2017) 】《 第3回 書 No.1 グランプリ(2017) 始動-3 》最後に、今年の修正箇所一覧です。『 1 』 入賞数 = 8作品(ベスト8進出)+最優秀新人賞『 2 』 入賞 = 賞金授与 ※粗品廃止『 3 』 締切日 = 例年より若干早めとなります。※その他、敗者復活戦・サプライズ賞・ポイント制の意等々は継続 + 後日発表して行きます。《 今後の改定・修正は随時掲載して参ります 》【 最優秀・新人...

続きを読む

【 第3回 書 No.1 グランプリ(2017) 始動-2 】

【 第3回 書 No.1 グランプリ(2017) 】《 第3回 書 No.1 グランプリ(2017) 始動-2 》3頁目、昨年の準グランプリ・3位・4位作品を掲載※昨年ベスト4・準決勝進出作品となります(仮)。4頁目、出品票となります。漢字部-Ⅰ、またはⅡの他、仮名部・調和体部と、部門が変われば3点出品可能の為、3枚で構成。※昨年実現手前まで行きましたが、1人で2部門以上出展の場合、決勝トーナメントにて、自分VS自分の可能性も有ります。◇昨年入賞の方...

続きを読む

【 第3回 書 No.1 グランプリ(2017) 始動-1 】

【 第3回 書 No.1 グランプリ(2017) 】《 第3回 書 No.1 グランプリ(2017) 始動-1 》新年明けましておめでとうございます。刹那の如く「2017年」スタートとなりました。年も明けましたので、グランプリ概要の記事を掲載させていただきます。※昨年作成の為、現状では「仮」とさせていただきます。予め御了承下さいませ。御陰様で早くも「第3回展」となります。掲載事項が多過ぎる為、A3判に変更しました(A4・4面)。昨年大好評だった...

続きを読む

【謹賀新年】

【 各種・御案内 】《 謹 賀 新 年 》『 2017 』新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。◇1月5日(木)より、通常営業とさせていただきます◇...

続きを読む

プロフィール

株式会社 書優会・いわき本店

Author:株式会社 書優会・いわき本店
書道用品/掛軸/額装 卸・小売 専門店

『価格・品質、業界No.1』

株式会社 書優会 のブログです。

書道・書道用品の説明・疑問・質問等を掲載して行きます。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ ブログランキングならblogram