2015年11月 - 【 書 No.1 グランプリ 】

記事一覧

【調和体創作・詩文書-2】

【調和体・近代詩文書-2】昨日の続編です。 次は詩文選となります。基本的に自由ですが、発表する場合は著作権に気をつけましょう。そこに気をつければ好きな詩文で可となります。※発表しないのであれば別に問題無です。《一応の定義と御手本》最低限度の一応の定義は余白の美。 一般的には下部空ですが、一応ですので、そこに固執し、全面を崩す必要性は無。そして御手本。 そもそも詩文書を書くのであれば、基本が出来ているから...

続きを読む

【調和体創作・詩文書】

【調和体の創作】基本の臨書・漢字一字書等の創作、仮名の古筆臨書・仮名の応用からの現在行き着ける所、調和体創作・詩文書。《全ての集大成で揮毫》最近は調和体・近代詩文書として確立されつつあり、あまり揶揄されなくはなって来ましたが、未だ調和体を評価しない、または手を出さないが多少なりともある模様です(理由は書をやっている方なら言わずもがなです)。 漢字→仮名→調和体と、進化・進歩して行く為には、色々な筆...

続きを読む

【実用書-2】

【実用書・続編(簡易版)】先日の実用書記事の続きです。《実用書用筆・続》実用書用筆は漢字・仮名混じりの為、漢字の太い線・仮名の細い線の両方が出ないと書けません。 前回記載した、「単なる仮名用」は、細い線のみを主とした構成の為、漢字の部分で無理が生じます。造り自体の設定が異なる為、両方と言うのが無い訳です。※その他、纏まり・回転等も計算する為、市販されていない。と、言うより出来ない。《紙・続》これは細字...

続きを読む

【細字-2】

【細字・-2(簡易版)】先日の細字の続編(簡易版)です。《揮毫物》詩歌・臨書・写経 等、書く物は様々ですが、中字・大字の通常漢字と同じく、用途別で色々と合わせます。《筆・続》小筆は芯毛が細く小さい為、そこそこ硬めの設定のはずの鼬毛等でも硬く感じません。※人にもよりますがその為、最近ではほぼ鼬毛やコリンスキー等の筆ばかりが目立ちます。要は、柔質の羊毛等で小筆を作ると、柔質過ぎて手に負えない。と、言う傾向にな...

続きを読む

【実用書】

【調和体・実用書】昨日の細字の派生記事、実用書です。漢字・仮名を調和させた書体=調和体。漢字から仮名に進み、その2大書体を調和させる為、難しさはそれらの比では無。特徴としては、漢字が主体の調和体で、力強さが際立ち、勢いのある作品と、仮名調(?)の柔質系に分かれている感が目立ちます。《実用書用筆》前にも記載しましたが、実用書用筆とは、存在自体が無。実用書用です = ただの仮名用(水筆)で、そもそも設定が無。細...

続きを読む

プロフィール

株式会社 書優会・いわき本店

Author:株式会社 書優会・いわき本店
書道用品/掛軸/額装
日本唯一無二の専門企業、
価格・品質、業界 圧倒的 No.1
株式会社 書優会が運営する、
【 書 No.1 グランプリ 】の公式ブログ。
書 No.1 グランプリの他、書道に関する、
説明・疑問・質問等を随時掲載中!

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ