2015年09月 - 書道用品/掛軸/額装 日本一 株式会社 書優会

記事一覧

【紙の規格(追記・補足、簡易版)】

【紙の規格・追記・補足+応用編】昨日の絵画寸法の補足・応用編(簡易版)です。【書に応用出来る別寸規格】一字書・詩文書作品で、あまりに大きいと飾れない、贈答出来ない時等、この絵画寸法(別寸規格)は役に立ちます。《 例  :  半切1/3 ( 35 × 45 ㎝ ) に一字書を書くとします》書きたい文字の構造上、もう少し幅が欲しい(横書の場合は縦が欲しい)。その場合、F8号のサイズを使用する。F8号 = 38 × 45.5 ㎝の為、...

続きを読む

【紙の規格(追記・簡易版)】

【紙の規格・追記です】※紙のカテゴリーではなく、分別しやすいように、その他用品カテゴリーに入れておきます。紙のサイズで未表記の日本絵画寸法。これは日本画・水墨画で使用されている規格ですが、書でも使用頻度がある為、掲載しておきます。【日本絵画寸法】絵画寸法は「F」・「P」・「M」とあります。そこに、数字が足され、4号・6号・8号・10号 等となります(もっと細かく有)。例えば、アルファベットと数字を足した「F4号...

続きを読む

【墨含・持・筆法】

【墨の含みと持ち(簡易版)】《注》書道の先生方に御覧いただくレベルの記事ではありません。御質問が多いので、久々に【書道】のカテゴリーの記事です。墨がすぐ無くなり、すぐにカスれてしまう。話を聞くと、筆に墨をつける時に、墨池等で、毛を整える為に、何回も何回も毛先等を整える。これでは、墨が落ちてしまうので、含みが少ない。となります。と、言うより「今、何の為に墨をつけたのでしょうか??」と、なってしまいます。...

続きを読む

【筆の原料区分】

【筆の構成、原料区分(簡易版)】御質問が多い+原毛記載から、その後放置(忘れてました。。)してしまっていた、原毛の区分です。 と、言っても、筆に限らず、書道用品の構成は以外と簡単です。先日の記事の「柔質毛」・「毫質毛」。理解りやすく言えば、足して2で割っているだけが結構多い。《 理解りやすい例 》 「 硬さ・墨持(含)が5 」の鼬毛が50%+「 硬さ・墨持(含)が2 」の羊毛が50%イコール【 硬さ・墨持・墨含 = 3.5 】...

続きを読む

【硯・補足版】

【硯の簡易・補足です】前回の記事や、今までの記事の簡易版・補足です。【硯の名称】前回記載した硯の種類(理解りやすく言うと、硯のグループ)です。《四大名硯》と言う硯の四つのグループがあった。その後、紅絲石が無くなり、代わりに、澄泥硯が加、「新・四大名硯」となる。その中の1つ、端溪硯。端溪硯はそこそこに「価格」と「品質」が比例しています。その他は比例もあれば反比例している物も有。理解りやすく言えば安定性...

続きを読む

【オリジナル設計筆】

【完全設計・オリジナル筆】久々の商品御案内です。以前に小筆で御紹介しました「道(みち)」の漢字用判、漢字・半紙用、大筆・道 です。コリンスキー(ロシア最高級・鼬毛)のオス・メス混合仕様の筆で、「先利」・「纏まり」・「程良い弾力」・「突く」・「中間しなやか」を、フル装備した、書優会の完全オリジナル設計筆です。この大筆は、当然・漢字用に先端を改良してあり、九成宮の「突き」が可能なのに、雁塔の「側直も自在」...

続きを読む

【紙の良悪(簡易版)】

【墨色の綺麗さと、滲みの綺麗さ】規格がそこそこに終わりましたので、色となります。墨色が綺麗に出ると、滲みが綺麗に出るは、必ずしも = ではありません。主たる根幹に若干差異があります。【墨色の綺麗な変化】これは原料によるところが100%に近い割合を占めます。原料区分は後日として、綺麗に出る原料、「雁皮」・「楮」・「三椏」があります。 上記3種は、綺麗に出る代わりに「滲まない」となり、仮名・細字・実用書・写経...

続きを読む

【便箋・各種(簡易版)】

【便箋規格・特化品】昨日の記事で、ペン習字用・デスクペンを掲載した所、大反響でしたので、今回は「その他・用品」カテゴリーで、便箋です。【便箋規格】便箋規格は2種設定(書道用です)。1・半紙「横」1/2判 ( 24.3 × 16.7 ㎝ )2・半懐紙「横」1/2判 ( 25 × 18.25 ㎝ )と、なります。【特化品】これは特価ではなく、特化。用品全てに言える事ですが、何でも書けます!!等と言う物の存在皆無。 何でも書ける → 逆説なので、何にも...

続きを読む

【ペン習字・デスクペン】

【商品・御案内】今回の御案内は「デスクペン」です。昔、ペン習字用デスクペンと言うのが有、試しに使ってみましたが、線が「全て同じ太さ」でしか出ない。しかし、このデスクペンは太い線と細い線が出る(そんなに極端では無)。ペン習字も遅速軽重が加味されれば、躍動感が増す。と、言う事で、昔からありますが、御案内させていただきました。※しかも安い。物は値段だけではない。を、物語ってます。◇プロの漫画家も使用している...

続きを読む

【揮毫と墨色の区分-3】

【揮毫と墨色の区分-3】漢字・仮名の簡易版に続き、調和体の墨色区分です。【実用書】と【詩文書】調和体の墨色は2種。 茶系か紫紺系かとなります。※茶系なら菜種、紫紺系なら胡麻優しい感じ、若干フワっとした色味を出したい文面なら茶系。明るめ、鮮明な色味を出したい文面なら紫紺系が佳。ともに油煙墨の為、伸びは良い設定です。【濃墨の誤解と注意】濃墨は読んで字の如く濃い。 煤が集まって濃い訳ですから、必然的に「黒」に...

続きを読む

【加工紙(簡易版)】

【加工紙の付加価値と価格】◇多種多様な加工紙◇紙のカテゴリーの人気と問い合わせが相当数の為、記事数は多いですが、紙の加工紙の記事にしました。【加工紙の勘違い】加工紙とは、当然・加工された紙の事ですが、単純に色・柄だけを言う訳ではありません。 特に仮名の紙に多く存在しますが、滲み止めの加工。これは紙は白のままなので、無加工と思ってしまいがちですが、滲み止めの加工をしている為、「加工紙」となります。一切...

続きを読む

プロフィール

株式会社 書優会・いわき本店

Author:株式会社 書優会・いわき本店
書道用品/掛軸/額装 卸・小売 専門店

『価格・品質、業界No.1』

株式会社 書優会 のブログです。

書道・書道用品の説明・疑問・質問等を掲載して行きます。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ ブログランキングならblogram