記事一覧

【筆の区分・小筆(記事改定)】

【 カテゴリー: 筆 】※旧・記事改定版『 筆の区分 (小筆編) 』御質問の多い「小筆」の区分となります。小筆選別の時に、何用ですか? と聞くと「?」と、よくなります。「細字(漢字)」か「仮名」か「実用書」か、となります。何が違うのかと言えば、造りが違います。《 細 字 用 》細字(さいじ)とは言え、漢字揮毫の為、小文字での比較とはなりますが、太目の線が出るように、先端箇所を出さない設定。《仮名用》細字用とは逆で、細...

続きを読む

【珍品・旧細光鋒筆シリーズ】

【 カテゴリー・筆 】《 旧・細光鋒筆 》久方ぶりに、筆の記事となります。現在の羊毛は、諸事情により細い・柔い・ペタペタとなっています。旧・羊毛は上記比にて、正反対の毛質であり、毛が太い(太め)・柔らかくも芯が有、張りが出るので書きやすい。と言う設定です。あまり詳しくは記載出来ませんが、一番の原因である脱脂。ここが最大の問題です。各種、1-2本程度ですが、旧・細光鋒の旧価格品が入荷しましたので、御興味の...

続きを読む

【小筆復活・膠の応用】

【バラけた小筆を元通り】以前の筆の記事にて、活字だけで説明していた「小筆の復活」です。小筆は下ろせない → 書いてれば自然と下りて来る。これは仕方がありませんので、これを元通りに修正させます。下りてしまったら、完全に丸洗いしてしまいます。濡れている状態で、「↓」のように広げます。広がった状態で、「↓の2枚目画像」のように「膠液」に漬け込みます。ある程度染み込ませたら、指で綺麗に整えます。すると翌日・翌...

続きを読む

【筆の寿命】

【筆の寿命 = 先端の丸み】以前に若干記載しました筆の寿命です。※ ↓ の 画像参照寿命はいつ? の問いで、↓の画像の通り、先端が丸くなれば寿命となります。筆 = 当たり前ですが「毛」ですので、使えば当然磨り切れる。すれば先端丸くなる。 丸くなれば筆ではなく「刷毛」となる。ので、寿命となります。《凝固しても使えない》この件は墨液・墨汁・墨の記事にありますが、根元が凝固すれば、新品であろうとも終わりです。根元が凝...

続きを読む

【羊毛筆】

【羊毛・撰別】羊毛の記事も若干記載して来ましたが、羊毛の撰別です。《細微頂光鋒》ほぼ見かけなくなった羊毛の最上クラス。 毛が極少の為、生産出来ず見かけない。毛はしっとりとしていて、書いた時に紙ではなく、筆がしっとりとする名筆。今は取れない為、昔の毛となる為、↑のようになります。先利・纏まり・回転・程良い弾力 等、全てを装備した、今思えば最良の毛。※高すぎて買えない。《細微光鋒》普段手に入る中では、現状...

続きを読む

【筆の鋒-2】

【鋒・続編】続編・簡易版です。↓の画像は、やや長鋒の造です。 前回記事の中鋒と比較すれば、径(太)が細くなり、長さが若干プラスされています。これにより、全く同じ毛質でも、柔質になりますので、行草系に適する事になります。※柔質になる。と、言うよりは「しなやか」になるの方が適切かもしれません。《羊毛S字と硬質毛の突き》以前の羊毛記事で記載しました「S字」。 これは硬い毛質版で言うと、「突き」となります。筆法で...

続きを読む

【筆の鋒(長)】

【 筆の規格 : 鋒編 】多種多様な筆が存在している昨今ですが、同じ毛なのに硬さが異なる。は、よくある事です。簡単な例ですが、鼬毛。 この鼬毛は、理解りやすく言えば、「柔」 「中間」 「毫」で言えば「中間」程度に位置します。柔らか過ぎず、硬すぎず、墨持が良くもなければ悪くも無。これが造方(太さ・長さでの比)で、硬さが全然変わります。同じ太さでも、長くなれば柔質に、短くなれば硬質になる訳です。※以前の記事と...

続きを読む

【中筆・小筆の差異】

【中筆・小筆の区分】《見た目では難しい判断》中筆の小さい物と、小筆の大きい物は見た感じでは区別がつきづらい。大筆の小と中筆の大も然りですが、中筆の小と小筆の大では、造り自体が異なる為、使い方の根本が変わります。小筆の作り方は以前の記事にありますが、中筆の小が中筆に分類れている理由は、大筆等と同じ作り方。と、なります。前の記事と被りますが、根元に弾力性のある毛を用いている筆がかなりの比率で存在してい...

続きを読む

【小筆・使用箇所】

【小筆の使用可能箇所】写経の記事で「雀頭筆」が出ましたので続き(?)です。筆の記事(カテゴリー)で「小筆は全部おろせない」と、記載しましたが、どこまでおろして良いのか!? の、理解りやすい画像です。↓上の茶色い小筆もよく見ると、先端から30%程度の箇所で色が異なります下の茶毛+白毛は、尚、理解りやすい色別になっています。この先端から30%程度が使用箇所であり、おろしても可能な場所です。《二重上毛》以前の記事と被...

続きを読む

【羊毛の変化】

【最近の羊毛と旧羊毛の差異】随分前からですが、羊毛の毛質が悪化しています。ただでさえ柔らかくて書きづらい!! と、敬遠されがちな羊毛筆が、毛質悪化で、更に敬遠されると言う、悪循環になっています。【旧・羊毛】毛が太く、張りが有り、揮毫時に、紙ではなく筆から「しっとり感」が伝わる。柔らかい中にも芯が有る為、反動や弾力を生かせる。【最近の羊毛】全くの逆。毛が細い・張りが無・芯が無。これは当然ながら、色々と...

続きを読む

プロフィール

shoyukai

Author:shoyukai
書道用品/掛軸/額装 卸・小売 専門店

『価格・品質、業界No.1』

株式会社 書優会 のブログです。

書道・書道用品の説明・疑問・質問等を掲載して行きます。

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
にほんブログ村
書道 ブログランキングへ ブログランキングならblogram